家族葬の特徴や費用を知って前もって準備|故人を送り出すセレモニー

内訳を知る

男性

大切な方が亡くなったときは葬儀を行なう必要があります。そのときには、いろいろな準備が必要になるので前もって知っておくことが大切です。また初めての方は何をすればいいのかわからないことがあるので専門業者に相談すると適切な情報を教えてくれるでしょう。
葬儀費用は、あらゆることが積み重なっているため若干お金が掛かります。そのため、若干高価に見られる葬儀費用です。では、どのような内訳になっているかを見ていきたいと思います。
まず、葬儀の基本費用です。これは、棺代、司会進行の人件費、祭壇の3つになります。
次に、場所を借りる料金です。会場をどこにするのかを決めていくものですが、ただ安いというだけで決めてはいけません。まず、安置場所があるかどうか、仮眠が取れる環境であるかどうか、参列者が来館しやすいかどうかを見なければなりません。
次に、食事と返礼品です。食事は、必要な配膳数を用意することが大事です。また、急な対応をするためにも、予定人数よりも多めに食事を仕入れる方が良いと思います。返礼品に関しては、当日返しの場合は種類を選べる方が良いかと思います。
最後に、火葬と霊柩車の費用です。日本の葬儀では、遺体を火葬するのが基本となります。そのため、お墓に埋める際には遺骨だけとなっている必要があるのです。なので、火葬場をレンタルすることと、そこに運ぶまでの霊柩車は絶対に借りなければなりません。
また、最近では家族葬という形も人気となっています。おおげさな葬儀ではなく、家族のみで葬儀を行ないたいと思う人達は、家族葬という形式を選ぶ傾向にあるようです。

費用を提示

葬儀場

最近では、セットパックとして葬儀が行なえるようになっているので費用を計算しなくてもよくなっています。葬儀にかかる費用が知りたいのであれば、葬儀屋に相談して提示してもらいましょう。

詳しくはこちら

費用や選び方を知る

蝋燭

葬儀は生きている間に何度も行なうものではありません。そのため、費用やプランなどについて知っている人は少ないです。そのためにも知識や情報について紹介しているので、参考にしましょう。

詳しくはこちら

生きている間に行なう

葬儀

生きている内に葬儀を行なってしまうこともあります。これは生前葬と言われるもので元気である内に感謝の気持ちを伝えるということが目的となっています。この他にもいろいろな葬儀があります。

詳しくはこちら